お味噌ができるまで

ホーム > 武田のこだわり - お味噌ができるまで

製造工程


武田味噌醸造工程のこだわり

旨み成分が強く残る大豆のシャワー浸水

弊社のこだわりとして、シャワー浸水という方法を取り入れております。これは、高圧水をシャワー状に大豆に叩きつけながら水を循環させる方法です。この方法ですと、水分中に流れ出た大豆の旨み成分を循環させることにより、再び大豆の中に取り込み旨み成分が強く残った味噌を仕込むことが出来ます。また、水の使用量が従来の浸水と比較して少なく済みます。

三点混合方式

大豆、米、食塩を混合して仕込むという工程です。この工程、一般的には生産効率を上げるため大豆、米、食塩を同時に一度で混合します。しかし、このような混合方法では品質にムラが生じやすくなります。当社の場合、大豆、米、食塩の順に少しずつ時間をずらしながら混合させる方法をとっております。この方法、大量生産には向きませんが品質をばらつかせることがなく、味噌を作り上げることが出来ます。